skip to Main Content

美味しいということ。

余韻の中にも美しい味わいがある。
終わった後のこの空間に漂っていた気配は、確かに美味しいと思った。
またこんな美しい時間を作りたい。

Back To Top