skip to Main Content

暮らしと家具と

要望があり工房を始めて最初の椅子を5年ぶりに作りました。

一見、椅子らしいシンプルなデザインでありながら、前脚と肘を動物的で柔らかい形にしています。
前脚と肘だけ作り込みをしたのは、人が座った時には後脚も背もたれも前から見ると隠れるから
椅子に座ったとき触れる部分が人と寄り添い溶け込むようなフォルムを作りたかった。

そうすれば、暮らしの風景も柔らかくなって心地良い時間が流れるのでは。
家具のデザインは、それを使う人の姿が溶け合うように想像していて作ることで
人の暮らしに馴染み、豊かになり永く愛されるのはずだ。

作りながら、そんなことを思っていたなぁと
初心を思い出して、
嬉しくなる。

New origin

 

新しいことを始めるのに必要なのは、勇気だ。

今から向かう途方もない道を
目の前にして不安ばかりが心を支配する。
ただ不安があることこそ、
そこに可能性がある気がしてならない。

創造を続けるための原点は、今ここにある。
そう信じて心に誓うと
新しい旅のはじまりに、ただ胸が踊る。

10年

さしものかぐたかはしは、
日々沢山の方に支えて頂いたお陰で、10年目を迎えることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

今日から、これからの10年を意気込み新たにスタートをきるためロゴを新しくします。
今年は新しい企画や新作発表も行います。
より多くの方に知って頂き、応援したくなる家具工房をめざして
支えてくれるスタッフと共に日々、精一杯制作に励みます。

ぜひ今日からのさしものかぐたかはしにも変わらず、ご期待ください。
どうぞ宜しくお願い致します。

同じ

 

最近海外に新しく友達ができた。
今、海を超えて一緒にものづくりをしている。

木は自然からうまれたもの。
木を使って作るものは、生きていないといけない。
生きていることを表現するために
僕が平面が存在しない人体のような柔らかい形を手で描くから、それを君の手から生みだしてほしい。
だからこの家具の名前は「Hand」としよう。

このやりとりにとても感激した。

世界のどこでも木の家具をデザインするときには、同じ思いがあるんだ。
それがわかれば、また次に海外に行く時はもっと素直に表現できる。

そのときが待ち遠しい。

学びのかたち

 

円のように柔らかく

かたちをを生み出す

見えないかたち。

学びとは、

未知に向かって旅をすること。

今、木に触れて感じること。

僕の学びは、

いつも木の中にある。

 

Back To Top