skip to Main Content

いちまいもん

 

「剥いだもんは、いつか切れるからな。いちまいもんがええ」

(剥いだものとは、天板など、板を作るときに木組みや接着剤で接いだものことを言い、切れるとは、それが剥がれるということ。
いちまいもんとは、その反対の継ぎのない一枚の木の板のこと。)

師が何気なくおっしゃった一言は、今も私の中で深く刻まれている。

近年の接着剤の性能は素晴らしく、10年20年は全く問題ない。
ヴィンテージの家具などの昔の家具ですら70年前の当時の接着が今も生きていることを見かけることがよくある。
接着剤は、昔からかなり優秀なのだ。

なのに接着したものは、いつかきれるから可能な限り使いたくないという師の時間の感覚は、
100年200年のことをさしていて、それが木工の、指物の時間の流れなんだ。
そう理解してから、私はデザインするときに可能なものはできる限り、木が一枚でとれる大きさで寸法を決める。
そうすることで表情が豊かで美しいものができる。またその先、木がどう変化していくのか知りたい。
いつの日か、その表情がどうなるのかを見るのが楽しみになっている。
反面、一枚で作ると木が動いて、割れたり、反ったり、ねじれたりと道具として捉えると不都合なことが多い。

いろいろと思案をしても結局いつも
人が勝手に木を道具にしたんだから、木がそう動きたいなら動いてもらって、また直せばいいじゃないか。
直せることを前提に考えるのが指物師なんだから。
そういう考えにたどり着く。

私は、これからもできるかぎり「いちまいもん」で作りたい。

明日、広島で師の展示会があるらしい。
ご挨拶にいかなきゃ。
また聞いたことのないお話を聞ける気がしてならない。

見立て

 

名前を決めるときは、いつもすごく迷う。
直接的な名前をつけると用途の先入観が生まれ、使い方が縛られるように思うから。
多くの人に使ってほしいと思うほど、自由度の高い名前にした方がよいのでは
と散々迷うけれど、結局いつも私が最初に思ったシンプルな直接的な名前にしている。

私は、こう思って作った。それをどう楽しむかは、自由に楽しんでほしい。
こちらからあれこれ提案してしまうと使い手の思考を停止させてしまう気がしてつまらない。
あ。こう使える!と発見したときの喜びは、誰も知らない発明をした気分で楽しいものだと思うから。
だから、私は素直な名前をつけたい。

そのまま素直に使ってくださるのはとても嬉しい。こういう風に使ってみたらとてもよかった。
という声をお聞きするのもその方の暮らしの一部になっていることが感じられてとても嬉しい。

私が生み出すものは、自由に使えるように余白が残している。
いろいろな使い方で楽しんで頂ければいいなと作りながら、いつも思う。

デザイナー

 

私なりの自分への自由宣言

できないこと
できること

無意識にきめていた
そんな境界線も踏み越えて
もっと自由に
次の景色に見に行こう。

楽しいことだけ
して生きたい。

 

つくる

 

木に触れた時
私の生命が呼応して
道具の生命がつくられる。

道具は誰かの記憶をつくり、
また次の誰かの記憶の種になる。

木の声を聞き、生命を作る。
それが私の生きる意味。

今日も私は、木と共につくる。

暮らしと家具と

要望があり工房を始めて最初の椅子を5年ぶりに作りました。

一見、椅子らしいシンプルなデザインでありながら、前脚と肘を動物的で柔らかい形にしています。
前脚と肘だけ作り込みをしたのは、人が座った時には後脚も背もたれも前から見ると隠れるから
椅子に座ったとき触れる部分が人と寄り添い溶け込むようなフォルムを作りたかった。

そうすれば、暮らしの風景も柔らかくなって心地良い時間が流れるのでは。
家具のデザインは、それを使う人の姿が溶け合うように想像していて作ることで
人の暮らしに馴染み、豊かになり永く愛されるのはずだ。

作りながら、そんなことを思っていたなぁと
初心を思い出して、
嬉しくなる。

Back To Top